TOP

LANDとは

ABOUTLANDとは

長野県をもっと楽しい場所に。

LANDは、「長野県をもっと楽しい場所にしたい」という想いから発足したイベント企画団体です。

2014年に設立され、現在50人以上のスタッフで、スポーツやボードゲームをはじめとした30以上の社会人サークルと、年間200以上のイベントを開催する団体になりました。

「なにもない」と言われがちな長野県に様々な楽しみをつくり出し、それをたくさんの人と共有することで繋がりが生まれていく。そんな活動を増やし続けていきます。

LANDが考える「楽しい場所」

LANDが考える「楽しい場所」。それは次の2つです。

  • 楽しいコンテンツがある場所
  • 楽しい仲間がいる場所

「長野県は首都圏に比べてエンタメ施設やイベントが少なく、楽しいことがない」「社会人になると自然と出会いは少なくなってしまう」「新しい友達や仲間ができる機会が少ない」そうした声をよく耳にします。

そこでLANDでは、「非日常感のある楽しいイベントを開催する」「自然と仲間が増える社会人サークルを運営する」という2つの大きな取り組みを通して、長野県に「楽しい場所」をつくり出す活動を行っています。

団体名・ロゴの由来


「LAND」という団体名には、「長野県でも遊園地のような楽しい場所をつくりたい」という想いが込められています。

メッセージ

長野県出身、長野県育ち。そのまま長野県で就職し社会人となった20代前半のころ、上京し大学に通う同級生がすごく羨ましく思いました。SNSで見る彼らは大学でサークルに入り、仲間たちとBBQや旅行をしていて、週末はフェスやライブに行ってとても楽しそうに見えたんです。

一方の自分は毎日同じ仕事の繰り返しで、週末も特に予定はなく、飲みに行く友達も仕事仲間の数人だけでした。

どうにか長野県でも同じくらい、いや、もっと楽しいことができないかと模索し、「ないなら自分たちで作ろう!」とLANDを立ち上げました。

なにもない状態から「なにをしよう?会場は?内容は?どうやって人呼ぶ?予算は?」わからないことだらけの運営でしたが、なにかを作るという作業はとても楽しいものでした。一緒にイベントをつくり上げた仲間と興奮や感動を共有するのはさらに楽しく、遊び続ける感覚で運営し続け、気がつけば7年が経ちました。そして今、LANDの活動は毎日開催されるようになり、私の周りにはたくさんの楽しいこととたくさんの仲間ができていました。

今は毎日が楽しいことの連続で、新鮮で充実していて、1年が経つスピードがとても長く感じるようになりました。

この楽しさを長野県に住む多くの人に届けられるように、これからも楽しい活動を増やし続けていきます。

2021年4月
LAND代表 桐山大地

RANKING人気のイベント

RECOMMENDおすすめのイベント